ブログ

使わない家電をリサイクルして買取してもらうには

新居への引越しや単身赴任、結婚など、その時の節目で使わない家電や電化製品が出てくることがあります。現在は、リサイクル法によって、処分をするのもとても難しくなりました。

以前はエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・パソコンなどは、粗大ごみとしてゴミ置き場に出しておけたものも、最近は法規制により、自分で処分場まで持って行くか、有料で各自治体に処分してもらったり、回収業者に処分をお願いするようになっています。引越しや結婚など、家電が不要になったとはいえ、それらの処分は面倒であり、手間のなにものでもないでしょう。


何とか簡単に処分できる方法はないのでしょうか。
その良い方法は、リサイクルショップや不用品買取業者に買い取ってもらうことです。状態の良い家電であれば、高値で売れることがあります。たとえば、単身赴任の数年間しか使っていないテレビや電子レンジ、洗濯機などは、家電そのものがあまり劣化しておらず、まだ新しいものなら、高値で売れることが多いです。
また、意外とリサイクルショップでも、大型家電よりも単身用の小さなコンパクトな家電の方が売れるというデータもあります。こんなもの売れるかな、と思うよりも前に一度リサイクルショップや買取業者に問い合わせて見積りを取ることが大切です。
また、見積りを取る際には、家電は付属品なども含めて細かくチェックされますので、必要な付属品はその際に揃えておくことが大切です。
付属品があるのと無いのとでは、せっかく新しい家電でも値段が変わってくることがあります。
さらに、目で見れる範囲での汚れはきれいにふき取っておくことも大切です。
リサイクルショップや買取業者は、家電を買い取ってから、再販するまでに汚れなどを再度きれいに掃除してから店頭に出しますので、これらの手間が省けることは、すなわち、料金にも反映されてくると思って良いでしょう。また、年式が少し古いものでも、あまり使っていない状態の良いものであれば、同じく良い値段がつくことがあります。こういう場合も、見た目をキレイにして見積りを依頼するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



*

* * * * * * * *



ページ上部へ戻る