ブログ

引越ししたら読む!縁起の良い引越し風水術~10ヶ条~

引越しといえば新しい生活の始まり。ワクワクしますよね!それと同時にやらなければいけないこともたくさんです。荷物の移動、ガスや電気、水道などの契約。転居移動の手続きに銀行や郵便局へ走り、住民登録、印鑑登録などの変更に役所へ走りと。。。そんなバタバタする引越しですが、新たな生活を始めることにより運勢も変わると言われております。そこで、引越しに関しての縁起の良い風水をご紹介します。

引越し風水術~10ヶ条~

1)新居に移る前に水回りの掃除をしましょう。
水回りといえば、台所、洗面所、お風呂、トイレなどです。 そこにはお正月に神棚を作ることもあるように神様が住んでいる と言われています。(トイレの神様という歌もありますよね!) 水回りが汚れていると運気が下がるといわれています。 お風呂は、悪い気を流し落とす場所ですので特に金運、人間関係、健康 に左右されやすい場所です。 お風呂にはぜひグリーンを飾ってください。ゴールドを取り入れると 金運も上がります。ただし、北側のお風呂はピンクで統一しましょう。 洗面所に、柑橘系の石鹸やシャンプーを置くと金運が上がると言われています。
2)火を入れましょう。
家の中に火を入れるということは古くから「新たな生命の息吹」とされ 新しい暮らしの始まりを意味します。 家具を運び入れて、引越しを終えても「火」を入れなければ 本当の住まいとは言えません。 まずは、お米を炊いてご飯を食べたり、引越しソバと言われるように 火をつけて料理をしましょう。そうすることによってパワーが漲り新しい生活がスタートします。
3)家の中央にグリーンを!
家族でのお引越しでは一番重要なのが、今後の家族が仲良く暮らすということ。 ちょうど、家の中心にあたる部分に、植物を置きましょう。 もし、植物がなければなにか緑の置物を置いてみましょう。 一番は、植物ですが、枯らせてしまうようでは意味がありません。 観葉植物やサボテンなどでも構わないので枯らさず大事に育てましょう。 子育てと同じように、見守ってくれるグリーンとなるでしょう。

4)玄関の鏡や傘立てに注意!
玄関の風水で一番気をつけなければいけないのが姿見です。 玄関に鏡をかけたり、おいたりすることはとても良いことでそこに映ったものの気を2倍にする効果ございます。例えば、夫婦の写真や家族写真を映すと愛情運や家族運は2倍良くなります。ただ、気をつけなければならないのが玄関の内側からドアに向かって右側に鏡をかけてしまうと怪我や事故を招き、人間関係も悪くなります。傘立ても、しずくがついたまま放置して置いておくと湿気で
せっかくの運気も陰にしてしまう恐れがあるので注意しましょう。

5)古くて使わないものは運気を逃します!
先祖代々から受け継がれているようなものは古いものでも運気をもたらしますが引越しなどで新しいものと古いものが混在してしまうと古いものの陰が
新しいものの運気をかき消してしまう可能性があります。2年以上使用していないものや洋服は思い切って処分しましょう。 なぜなら、そこにはもう息吹が吹き込まれておらずさみしさの陰しかございません。新しいものを羨ましく思い悪い気をうみだすので病気などになりやすくなります。思い切って断捨離をすることも必要です。

6)東北南北で見る運気
北側のお部屋は知恵を表す部屋になります。また北側には次男の部屋を もうけるとよい方位だといわれております。

7)家族運をあげる子ども部屋を作りましょう!
最近の主流はリビング学習とも言われております。子ども部屋を与えてしまう気持ちもわかりますが、勉強机、ベッドなど子どもだけの個室を作ってしまうと、小学生の間は寝るだけの部屋になってしまい思春期になると部屋にこもってしまいます。それでは家族のコミュニケーションがとりづらくなるため、現在では
リビングで学習させてあげたり、寝室と勉強部屋を分けたりします。それができない環境であればキッチンなどの近くに子ども部屋を設けましょう。
また、個室が確率されている家で今更できないというご家庭では子ども部屋に親がいつも使う家具や書籍などを置きましょう。家計簿をつけるのは子ども部屋、父親のパソコンも子ども部屋においてみてはいかがでしょう?

8)物を捨てるのをためらったときの儀式
引越しなどでどうしても捨てるのがためらわれる物や思い出のお品でもやむを得ず捨てなければならないときもありますね。 たとえば、大事にしていたランドセルや小さい頃から一緒だったぬいぐるみなど。思い入れのあるものは捨てにくいものです。そんな時、自分の髪の毛を一本一緒にゴミ袋にいれてあげてください。そうすれば、いつも一緒にいてくれてありがとうという意味と、最後まで一緒だよという気持ちで見送ってあげることができます。もちろん、それをしたからといって風水的には変わらないですが気持ち的には若干捨てやすくなるでしょう。

9)収納の風水
収納スペースは運気を貯める大事なばしょになります。その収納スペースに何が入っているかわからないようでは、運気をため込めません。また、湿気はその物自体の運気を下げるので換気をこまめにしましょう。衣類は、向かって左側にコートなどの厚手のもの、ダークカラーのものを。右側はパステルや明るい色の衣類を収納するといいでしょう。その場合、靴と衣類を一緒にしてしまうのは絶対やめましょう。靴にはいろいろな運気を運ぶということから、汚れた運気まで運んできます。注意しましょう。

10)さて、いよいよ引越しです。
引越しの日が決まれば、今まで住んでいた家に感謝の気持ちをこめて手料理を振る舞い、親戚や友達を招いてにぎやかに過ごすことで「精抜き」をしてあげましょう。そして新しい家での生活の話よりも多く今まで住んでいた家での思い出話をすることで清い運気を次の家にも運んでくれることでしょう。
風水は、占いと違い運気を自分であげるお手伝いをするものです。風水だけに頼らず前向きな気持ちと常に感謝の気持ちを持っていれば自然と笑顔や幸せはやってくるものです。その中に少しでも取り入れてもらえればと思います。

リサイクル品でも、もちろん掃除をしてあげることと家具や家電を新たな気持ちで迎え入れてあげることでまた新しい息吹として活躍し、その人のお役にたてると思います。

それでは新生活に向けて、皆様により良い日々が訪れますように。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



*

* * * * * * * *



ページ上部へ戻る