遺品整理のタイミングはとても難しいです

日本の法律では、遺産の相続は、亡くなってから10か月以内に手続きをしなければなりません。故人が生前に残しているさまざまな遺品については、その整理はいったいいつやればよいのでしょうか。天国に召された故人に対する愛情が強ければ強いほど、その遺品整理を開始するのが躊躇されます。

それでも、こんな厳しい状況の中でも、故人の遺品整理をしないと、残された家や土地などの販売ができません。最高なのは、身内の人が遺産相続をして、そのままの形で、天国に召された故人の遺品を末永く大切に保管するということです。ですが遺品を売却したり処分したりして、土地や空家を売却する場合には、その前の手順として、どうしても故人の遺品整理が必要です。そんな場合には、その遺品整理をぜひ弊社にお任せください。

弊社はリサイクルを目的とする不用品の回収と処分を業務とする会社ですが、遺品整理について長い経験があります。弊社の遺品整理サービスをご利用いただければ、天国に召されている故人にも喜んでいただけること請け合いです。それはいったいなぜなのでしょうか。弊社の遺品整理では、天国に召されている故人の思い出とか、人格とかを、とても尊重いたします。右から左へと流れ作業で遺品整理をするというようなことはいたしません。一品一品を丁寧に確認しながら、その一品一品に故人の面影を偲びながら、丁寧に遺品の処分いたします。ですから当社の遺品整理では多少お時間がかかるかもしれませんが、その点はご了承ください。その分天国に召されている故人に喜んでもらえるような立派な遺品整理をして、その結果をご家族にご報告いたします。

さて、家族が亡くなられたとして、その遺品整理のタイミングはとても難しいです。どのくらいのタイミングで、故人の遺品整理をすればベストなのでしょうか。結論から先に申し上げますと、故人の遺品整理は、葬儀の後、できるだけ速やかに行うことがよろしいのです。ご家族の誰かが自宅を相続する場合はそれでよいのですが、自宅を転売するような場合では、遺品が残っていれば、中古住宅として販売することもできません。ですから故人の葬儀が終わったら、できるだけ速やかに日程を調整して、故人の遺品整理をするのがよい方法です。弊社で遺品の整理をさせてもらう場合には、前もってその内容を、ご家族とよく打ち合わせしてから、故人の遺品整理を開始いたします。できるだけ多くのご家族の方の賛同を得たあとに、個人の遺品を尊重しつつ、大切に丁寧に一つずつ、故人を偲びながら処分していくという手順になります。遺品整理のことは、どうぞ弊社にお任せください。

関連記事