お墓の種類について

お墓といえば「先祖代々墓」「○○家の墓」のように親から子、子から孫へと家族の遺骨を一つのお墓に埋葬するのが一般的ですね。このようなお墓を「家墓」といいます。1人の人を埋葬するお墓は「個人墓」。夫婦二人だけ埋葬するお墓は「夫婦墓」があります。江戸時代に庶民がお墓を建てるようになった時は「個人墓」「夫婦墓」が主流でしたが、明治時代になってから家制度が重んじられるようになり「家墓」が主流になりました。近年ではさらに生涯独身や様々な理由でお墓の種類も増えてきています。様々なお墓の形を紹介致します。

両家墓-夫婦両方の実家のお墓を一つにまとめる-

夫婦が親のお墓を建てたり受け継いだりした場合、一人っ子同士だと2つのお墓を管理しなければならなくなります。もちろん負担もおおきくなります。娘だけの家族の場合も同様に実家のお墓を受け継ぐ場合にとても大変になります。そういった際に一つのお墓に両方の親を祀る「両家墓」があります。両家墓は寺院でもみかけます。両家墓は両家の家名を縦に「家之墓」と二つ記載もしくは家名を二つそのまま並べて彫刻している場合がおおいです。また両家の家紋を左右の花立に一つずつ彫刻したりしているお墓もおおくあります。

合同墓-血縁のない人と一緒に埋葬-

血縁のない人と遺骨を納めるお墓を「合同墓」といいます。都立霊園では「合葬埋蔵施設」と呼んでいます。合同墓には骨壺のまま納め一定期間祀られたあとに他の遺骨と一緒に合葬する場合と、初めから他の遺骨と一緒に合葬する形があります。

納骨堂-ビル内に参拝室、本堂などを備えた室内墓苑-

管理遺骨を収蔵する施設で遺骨を土に埋めないことがお墓との大きな違いです。多くが公営や民営、寺院の運営です。一時的にお墓を建てるまで一時的に預ける場合とお墓のように永代にわたって遺骨を収蔵する形のものがあります。納骨堂は収蔵に期限があり、期間満了時に契約更新により引き続き使うことができます。寺院が運営する納骨堂では宗教・宗派に限られたり、檀家になる必要なあったり様々です。
最近都心の駅に近くビル内に参拝室、本堂などを備えた「室内墓苑」「室内墓地」などございます。これも納骨堂です。室内なので天候にも左右されず交通の便の良いことから注目されています。このような室内墓苑は使用料や管理料など他の納骨堂にくらべて割高になっている場合が多いです。