高齢化社会が生みだした孤独死保険、生前整理で必要とする人物とは

高齢化社会と高齢者の住まい

一般的に自分で身の回りのことができる高齢者は、戸建て住宅に住んでいることが多いという風に考えられていますが、これが孤独死をする人の割合に置き換えてみると、圧倒的に賃貸住宅に住んでいる人が多くなるという特徴があります。

一緒に住む家族がいなくなったことから、持ち家を手放して一人で住むのに適した広さの住まいに移り住むという、住まいの縮小化が進んできていますが、その結果、家を持つと何かと大変ということもあって、年金に比較的余裕のある人や、不動産という財産を残したくないという高齢の人が賃貸住宅に住みかえるケースが増えているのです。

さらに、こうした高齢者の中でも、男性は女性に比べて人付き合いを嫌う人が多いため、死後、何日も発見されずにそのままということが多いのが特徴です。身寄りもないことから、遺体をどうするかから部屋の特殊清掃に至るまで、全て大家が負担することになり、大家の金銭的負担も増しているのが高齢化社会が生み出した新たな負の遺産と言えます。ただし、高齢者に限らず、一人暮らしの男性も孤独死をするケースが多く、高齢者だけの問題ではないところが、大家としては大きな悩みです。

とはいえ、昨今、賃貸物件を持っていてもなかなか入居してくれる人がなく、保証人がいなくても入居したいという人がいれば受け入れざるを得ない大家も多くなっています。リスク承知で受け入れなければならないあたり、不動産オーナーも大変です。

大家を救済する目的で生まれた孤独死保険

孤独死保険とは、一人で誰にも気付かれずに孤独死する高齢者が増えてきたことを踏まえ、賃貸物件の原状回復費用を保険で賄うことができる保険のことです。この保険の特徴は、家主のことを考えて作られた家主対策用の保険であるということで、契約者は賃貸物件を所有する家主となります。

孤独死があった部屋は事故物件ということになってしまい、家賃を下げざるを得ないなど経済的損失も大きくなることから、家主としては少しでもリスク削減のために入っておこうと考える人が増えつつあります。

借主側に求められる孤独死保険も登場

家主としては、本来なら自分が亡くなったときに貸主である自分に迷惑をかけないよう、借主が自分で対策を取ってほしいところです。そのため、昨今、孤独死保険の中には借主が被保険者となる孤独死保険も登場しています。入居にあたっては、家主に加入を求められることになり、その分、保険料掛け金の支払い負担は増えますが、もしも孤独死をした場合、家主に迷惑をかけずに済むことでホッとできるという人なら、率先して加入してくれることでしょう。

あるいは、高齢者の入居に際しては、保険加入を義務付けるとして不動産会社などに紹介してもらっておけば、納得したうえで入居を希望する人ということになり、家主としても話がスムーズに進みます。

自分の死後にも責任が求められる時代に

今や男性の2割以上が独身という統計結果が出ています。少子化は女性が気付を産まなくなったからと言われていますが、結婚しない男性が結婚しない女性をはるかに上回っているとなると、女性が原因とばかりは言いきれません。男性は会社で仕事をしている間、同僚や上司、後輩といった人たちに対して常にどこかでライバル意識を持っているため、友情が育まれにくいと言われます。

そのため、年を取ってから家族もおらず、一人暮らしをしている中で孤独死に至ると、女性よりも発見されるのに長い日数を要することも分かってきました。もし、結婚する気がなく、家も買わずにずっと賃貸物件を借りて生きていくつもりなのであれば、死後、部屋を借りていた家主に迷惑をかけないようにすることも、責任の一環として求められる時代になってきたといえます。死んでからのことなど、誰かが勝手にやってくれるだろうというのでは、少し身勝手すぎるとなる時代がもうそこまでやってきているのです。

孤独死保険加入によるメリットをつくるのもいい

高齢者が賃貸住宅に入居する際には、借主に孤独死保険に加入してもらうことによって、入居にあたって保証人を必要としないで済むとか、入る場合と入らない場合では、入っておいた方が得だと感じる家賃設定にするなどの方法が効果的です。

高齢になってから賃貸物件を借りるのはなかなか大変だと言われていることもあり、孤独死保険に加入することで家主の不安が解消されるなら、それを理由に高齢者の入居に対する問題が緩和されると、お互いにメリットがうまれます。

借主側だけでなく、貸主である大家も孤独死保険に加入しておけば、両方から補償されますので、事故物件となった場合の経済的損失もある程度許容範囲に収めることができそうです。高齢者のみならず、身寄りのない人なら若くても加入すべき保険としておけば、高齢者が自分たちだけと思わずに済むというメリットもあり、広まっていく可能性が高くなります。

まとめ

一人っ子が多くなり、長生きすることによって身寄りも減っていく人が多くなる日本では、今後、孤独死は当たり前のこととなる時代がやってくると言ってもおかしくありません。そのときにどうするかという備えは、他の保険同様に孤独死保険に加入することで解決するしかないといえます。